かぜはくのテイスティングノート―すごいうしさん篇―

2013グランサングレデトロ/トーレス

 


f:id:kazehaku:20170529145007j:image

写真は全く何の関係もないうちのかわいい猫です。

 

ご存知トーレスの最もメジャーなワイン……のちょっといいやつ。うしさんが付いてるんだよ。

しっかり果実味系!ファーストノットは甘い系の香りにやわらかな酸味を予想させる香りを感じさせる。


飲んでみたあたりとしては果実味からくるやわらかな酸味と骨格を感じるタンニン。その後に期待通りの果実味の甘さが訪れ、調和した甘味主体の酸味のある複雑味を帯びた余韻が訪れる。トマトソースに合うね!


すんこくんがきてた。

すんこくんは二種類ゲームを持ってきていて、その内もけもけを操作してもけもけと一緒に冒険するゲームをしてたんだけど、突然おもむろにすんこくんは鞄から二種類の謎の粉を取り出して調合を始め、我々に湯を求めて溶かしはじめたのだ。

 

善良なる市民であるぼくとじろーは、すんこくんが極めて違法な行為に望んでいるのではないかと危惧し、その粉の正体を問いただした。

 

すんこくん「これはな……日本では売っていない粉なんだよ」

 

ほとんど違法!ぼくは親友が法に抵触しているおそれがあるならば、勇気を持ってその行いを正しい方向に導く必要性を感じていた!かぜはくは法の遵法者であり、正義の化身、この星の平和の調停者、子供たちの夢と希望、そして全宇宙の悪が夜な夜なその名を思い出しては失禁するであろう、悪の道を歩むものにとっての悪夢そのものであるからだ!!!

 

僕はすんこくんを強かに打擲した!しかしそれは善意や勇気、前述したような高潔な精神からではなかった!!

なぜ殴ったか!それは殴りたかったからに他ならない!!!!

 

そうして僕は、すんこくんに薬の正体を聞いた。彼の常用する薬は、僕達を戦慄させしめるに十分な、悪魔のごとき薬物だった!!!

 

すんこくん「これは腸内の働きを良くして、栄養効率を高める薬なんや。そうすると体に肉が付きやすくなり、体質的に定められた以上に脂肪と筋肉がついて、色々あって筋トレの効率があがるんや。お前のような奴には判らんやろう。持たざるものは、持ちえぬものを何がしかの方法で補わねばならぬのだ。僕にとっての筋肉とは、そういうものなのだ」

大体そういう意味のことを言った。

 

殺伐!すんこくんは既に薬漬けになっていた。薬物に違法性は特になかったが、親友が既に薬物に依存して生活をしていることに、複雑な感情を抱かずにはいられなかった。

薬物で栄養素をコントロールすると、本来の方法では栄養素を摂取しづらくなると言う。その危険性について訪ねた。

 

すんこくん「サプリで摂取したらええんちゃう?」

だめだこいつ!ジャックハンマーだ!

おわり!