かぜはくのテイスティングノート―グラビジャ篇―

2015 / カイケンウルトラカベルネソーヴィニヨン / モンテス

 

あっまた写真撮り忘れてる!!!

しょうがないからかわいい猫の写真でも貼っておこう。


f:id:kazehaku:20170707150656j:image

じろーと二人でこの手をくんくんするなどしていた。

 

 


深い深いガーネット。凄まじいタンニンを予感させる香り。ビターなチョコレートのような香りも漂う。

 

口に含む。黒色果実!たっぷりな、非常な、お値段からは考えられない果実味。おいくら万円かというと二千五百円万円です。

 

口にまとわりつくほどのタンニン。樽香。スパイシーさのある後味もあるが、タンニンが強烈で味を探すのが難しい。


カベルネ・ソーヴィニヨンのエグみも不快でない程度にあるにはあるのだが、そのエグみがまたこのワインの重みを表現している。


酸味なども感じられるが、特筆すべきはその重さ。重さをして三千円までのワインでは間違いなく頂点に君臨するに違いない。

 

しかしてこの完全にどうかしている重さは、重すぎて飲み疲れする人も少なくないだろう。

 

これ飲んだあとに歯を磨いたら真っ黒い何かが口から出てくるくらい濃い。

 

 

最近Amazonプライムで酒飲みながら映画を見るなどしている。

この日は犬神家の一族(すけきよ)、サプライズ(一家をどうぶつのマスクを付けた一団がSATSUGAIしていくのだが、若いねーちゃんが一人で皆殺しにする映画)、富江なんかを見ました。

富江のテーマが不安定でよかった。 

 

今のとこ見た中では古い方のベン・ハー羅生門、300なんかが面白かったです。