読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Bocchang!』

個人的に鬼才だと思っている作家がいて、最近『こころオブザデッド』というのを書いている。荒唐無稽だが達者な文体と、恐らくこれがこの作者の最大の特徴であろうと思われる、針の極めて小さいのを、丸太のごとくに形容する、あるいは揶揄、修飾するケレン味の漂わせ方。その巧緻に僕は学ぶべきものがあると思っている。

 

その結果気になったので『坊っちゃん』を読んだ。

 

簡単にあらすじを書くと、暴れん坊の江戸っ子が学校を出て四国まで数学の教師をしにいく。

行ったはいいのだが、田舎の人間関係がクソだったので鉄拳制裁して東京へ戻り、大好きなおばあちゃんと一緒に暮らすという話。

 

とにかく坊っちゃんのキャラクターが純粋で、教師陣が(邪悪であることも含めて)真っ当な人間をやっていることから、それが更に際立って見える。

この作品の主人公というのはべらんめえの坊っちゃんなのだが、もう一人裏坊っちゃんがおり、その名を山嵐という。

これが割合出来た人間で、それをしたのが誰であろうと悪いことは悪いと言うし、良いことをしたら良いという。人に流されない信念を持っていて、それに従って行動している。坊っちゃん山嵐は同じ部類の人間関係がなのだ。

主人公の方の坊っちゃんも、悪いことを指摘されたら、それが嫌いな人間に言われたとしても、真正面から受け止めて正直に謝る。

「全く悪い。あやまります」、と。

それが言えない人間が多すぎるのだ。みんな坊っちゃんになったらよい。

 

対して人間をやっている奴らは、そんな坊っちゃんたちを姦計を巡らせて食い物にし、責任をなすりつけたり、下宿を追い出したり、仲違いさせたりする。

こう言った人間たちと、坊っちゃんたちを『坊っちゃん』という表題からも判るように明確に分類しているのは、それぞれの読者の持つ人間性について今一度一考の機会を与える意味があるだろうと感ぜられた。

 

現状に満足してない社会人各位は一読し、読了後自らの裡にある坊っちゃんの心を追懐されるとよろしかろうと思う。

昨日見た夢の話

仕事中昼寝してたら夢を見ました。

 

さる事情からすんこくんの主催する合コンに参加することになったかぜはくは、すんこの全オゴリという条件のもとそれを承諾し、残りを人員を集めることも引き受けました。

 

かぜはくは洗面所で眉毛をカットしているイマ忠くん(説明しよう!イマ忠くんとは、かぜはくの都合のいい属性を寄せ集めた燭台切光忠くんの外見をしたイマジナリーフレンドなのだ!)に声をかけ、

 

「おいイマ忠くん。ポケモンGoしにいくぞ」

 

と声をかけた。

振り向いたイマ忠くんは目を輝かせ、

 

「本当かい!?」

 

と声を上げた。

 

数時間後、「ハハ、どうだモンスターばかりだろう」と笑うかぜはくをにらみながら、合コンに参加するイマ忠くんがいた。

 

イマ忠くんはイケメンなので、とてもモテる。しかしイマ忠くんはブサイクのことを握ったら音の鳴るおもちゃか何かだとしか思っていないので、何か話かけられても

「うん。君の顔ってアンコールワットに似てるよね」

「へぇ。そうなんだ。ところでお昼にドブネズミ何匹食べたの?」

「君ってもしかしてハーフ?チンパンジーとネアンデルタール人の?」

などと罵詈雑言を浴びせかけ、難攻不落のジムリーダーと化していた。

 

一方のぼくはというと無言でブサイクの写真を撮り続け、ツイッターに「ブサイク(画像)」「先行きが不安になるブサイク(画像)」「町内会が全員死に絶えたかのごときブサイク(画像)」とアップし続けていた。

 

すんこはブサイクに「すんこさんってなんでも知ってるんですね♡」「すんこさんみたいな頭のいい人素敵だなあ♡」などとアプローチをかけられており、それを見かねた男性陣はすんこを居酒屋のトイレに呼び出した。

 

すんこくんは「あんな、僕な、あの人すきかもしれん」などともらし、同時に大小便も漏らしていた。

 

イマ忠くんは「うわっすんこクンそれはよくないよ。すぐオムツ買ってくるね」と言ってトイレを飛び出したが、二度と帰ってこなかった。

 

「ちくしょうあいつブサイクで遊ぶの飽きやがった」

ぼくはそうごちると、すんこくんの背中をさすりながら、

「ぼくに任せておけよ。悪いようにはしないから」とささやき、すんこくんは黙ってうなずいた。

 

もう一度席に戻ると、ブサイクパーティも同じように戻ってきたところだった。

僕はすんこくんにアプローチをかけていたブサイクの隣に立つと、落ちていた大根で強かにブサイクを打ち据えた。

「すんこくんだまされるな!よく見ろ。塩撒くレベルのブサイクだぞ」

すんこくんははっとして、

「もう少し殴ればはっきりするかもしれない」

と本性を露わにした。

 

ぼくは諸行無常とこの世の不条理、不平等を感じ、どことなく時間の無駄なような気がしていたのでトイレに行くふりをしてその場を離れた。

 

家に帰るとイマ忠くんがいて、「あっ。見て見て、さっきポニータを捕まえたんだ」と見せびらかしてきた。

 

ぼくは、「そんなのいいから、トモチケをパキりにいこうぜ」と提案すると、イマ忠くんは「いいねぇ!」と乗り気になっていた。

 

ぼくはプリパラに関しては、あろまちゃんがカワイイということしか、知らない。

 

 

 

くくさまの話

くくさまがポケモンGoポケモン出る場所と消える場所サーチするやつ作ってくれましたよしょくん!

 

P-GO SEARCH by kuku.lu

 

各位大いなるくくさまへの感謝の気持ちをもって利用するように!!!!

 

くくさまの名が歴史の表舞台にこのようにして顕かになったわけだが、そうすると連絡してなかった過去の友人や知り合いなどがおもむろに連絡してきたりなどして、くくさまといえば狂信者かぜはくということが周知されつつあるのかもしれない。

 

くくさまと僕の関係は、イエスとパウロに似ているような気がするね。

 

とても長いくくさまに関する記事を書こうとしたのだが、なんというかくくさまに関することに関して手を抜くことが許されない感じがするので、また後日。

 

 

心ある場所

祇園祭だったのだが、クソ暑いので早々に鉾やら山やら見ることを放棄し、食い歩き状態になりながら京都を闊歩した。

とりあえず祇園祭なので八坂神社においすーしたのだが、その段階で暑さが限界を越えており、死という文字がちらつき始めたのでコンビニで凍ったお茶を買い、浴衣の胸元に入れることでフロスティかぜはくに進化して難を凌いだ。

とにかく涼しくて休めるところへいこうということでhubを目指して歩き始め、ふらっと先斗町付近に近づいたのでなんかやってるのでは?と思いつつ元立誠小学校に突撃陣形で飛び込むと、何やらイベントが行われており良い感じとなっていた。

おっさんはかっこいいピアニカのごとき楽器を吹き鳴らし、少々の出店、金魚すくいクラフトビールや地酒の振る舞い、様々なイベントなどがあり、地域住民や文化人たちの止まり木となっていた。

クソ暑かったので僕達はそこでクラフトビールを頼み、マリナーラを頼んで食うなどした。ちなみにマリナーラは三百円で超安いのに実際うまく、安らぎが感じられた。
クラフトビール黒潮のごとく」も、前に店で飲んだ時より非常に美味く感ぜられた。
きっと暑さがそうさせたのだろう。

良い場所だと思った。以前僕がここで怪談をやったときより、ただ一人の旅人として訪れた時の方がよいと感じられるのは実に不思議なことだが、多くの人間の集うこの場所が、心ある場所であることがあらためて判った。
かぜはく城やはニャんちのような、人が集まることでよりよくなるような。そういった安らぎの場所であることが判った。

敵意のない第三者の視線や声というのは、こんなにも場所をあたたかくさせるのだ。
人間、捨てたものではないではないか。

ビアガーデンにいってわかったこと!

まことにお恥ずかしながら、このかぜはくビアガーデンというのに行ったことがなかった。

今回生まれて初めてビアガーデンというのにいったので、判ったことを備忘録的に書き記しておく。

 

 

  • 世の中には4㍑のペットボトルに入ったモスコミュールやジントニックが存在するということ。
  • クーラーの聞いた室内で酒飲むの最高ということ。(ただし夜間はワンチャン野外もある。うまさの種類はまた別)
  • アサヒの黒ビールはアサヒであることの誇りを守るために、黒ビールであることをやめたということ。
  • 一度だけでは判らねえのでもう一度別のビアガーデンに行くといいのではということ。
  • 寿司食いてえということ。
  • 人は限りあるいのちの中で、生の意味を求めるために思い出をむさぼるということ。
  • 家でビアガーデンしたらいいのではということ。

 

以上だ!!!

かぜはくクッキング~お野菜編~

仕事が九時五時だったので料理をすることにしました!

今日作るのはピで始まってザで終わる奴です。

続きを読む

グルグ火山


Download Final Fantasy Ix Ost Mount Gulug Final Fantasy Ix Soundtrack. Title: Mount Gulug グルグ火山

 

デデポポ デデポポ デデポポデッデ

デデポポ デデポポ デデポポデッデ

ピロピッピーピーロリピッピー ピッピロピーロリピッピッピー

(ペッポッペッポ ペーペロペッポ ペッペーペーペロペッペッポー)

ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ

ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ

デデッ デーデ デデッ デーデ(ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ)

デデッ デーデ デデッ デーデ(ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ)
デデポポ デデーデ デデポポ デーデーデ(ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ)
デデポポ デデーデ デデポポ デーデーデ(ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ)
ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ
↑ピロピロピロピロ ピロリロリロリロ↑
パラパッパ
デデポポデー 
(パラパッパ)
デデポポデデデデデー
デデポポ デデーデ デデポポ デーデーデ(デデッ デーデ デデッ デーデ)
デデポポ デデーデ デデポポ デーデーデ(デデッ デーデ デデッ デーデ)
ピロピロピロピロリー ピロピロピロリロリー
ピロピロピロピロリー ピロピロピロリロリー
デデポポ デデー デデポポ デーデーデ
デデポポ デデー デデポポ デーデーデ デーデーデ…デーデーデ…デーデーデ…デーデーデ…

デデポポ デデポポ デデポポデッデ

デデポポ デデポポ デデポポデッデ

ピロピッピーピーロリピッピー ピッピロピーロリピッピッピー

(ペッポッペッポ ペーペロペッポ ペッペーペーペロペッペッポー)………