かぜはくのテイスティングノート―うまにの宴篇―

2014 ヨーリオ/ウマニ・ロンキ

さてここで超美麗なインスタばえしまくるインスタ繁茂な写真でも貼るかー!!と思ったところで写真を撮り忘れていることに気がついたよ。

なので


f:id:kazehaku:20170706133014j:image

 肉の写真でも貼っておく。

 

ワイン漫画で一躍名を上げた、例のワインです。コストコで買いました。肉もです。

 

香りからすばらしい果実味の凝縮感が伝わる。アルコールの香りも感じる。粘度もそこそこ。

 

甘味よりかはフレッシュかつタンニンのある果実味。モンテプルチアーノダブルッツォの凝縮感の中にシャープな酸もあり、よい。

 

タンニンがなかなかパワフルでよいね。舌触りになかなか主張があるんだ。果実味と重さを併せ持つワインだ。

 

時間が経つと更に果実味に奥行が出てくる。色んな味を感じられる。


タンニンの中にアルコールと、ハーブめいた香りがある。酸味の中にも甘みが僅かに感じられ、凝縮感を高めていく。フムー。香りを嗅ぐと溢れ出すような果実味、アー、ウー。

 

 

 

ヤミー。

 

 

 

 

だめ、味わうまえに飲んじゃう僕を叱って!叱ってもよい。叱ることを許す。だがそのあと、貴様の命の保証はない。