かぜはくのテイスティングノート―今回はちゃんと写真撮ったから許せ篇―

2014 サンヴァレンティンガルナッチャ/トーレス


f:id:kazehaku:20170706133531j:image

なんか知らんがトーレスばっか飲んでるやつがいたという。

 

トーレスの嫁が私のためにワイン作らんかい!!!と言ったために作られたワインらしい。

 うしのフィギュアではなく天使のフィギュアがついている。

そしてそのフィギュアは猫が蹴っ飛ばしてどっかにやった。

 

 

すげえ甘いにおい!
ガルナッチャの甘さを予感させる!!


しかしフレッシュな果実味の香りもあり、甘いだけではないね。


色は深い赤。色だけ見るとどんだけ重たいのこのワイン?って思うのだが、飲んでみるとチャーミング。これ。


口当たりが非常に優しい。甘さもそうだが果実味が豊かで飲みやすいワインだ。


口にしばらく含むとその豊かな果実味をより感じられる。しかし奥行はそれほど感じられない。冷えててもうまいワイン。すぐ飲んですぐ美味しい!の定形だね。

 

アルコールも価格帯にありがちな感じのきつさはなく、一貫している果実味のフルーティかつフレッシュさ。二日目でも酸っぱくなりすぎず美味しい。

 

そういうとじろーは「じゃあちょっとおいとこっか」と言い、すぐさま「ちょっとだけ、一杯分くらい」と付け加えた。
見るからに意気消沈する僕を見たからだ。

 

 

あとじろーは「コーヒーと合う……」って言ってた。
まあね?コーヒーの余韻がワインに複雑性を与えてね?高級ワインのようなね?しかしワインとコーヒーを交互に飲むような状況はかぜはく家の晩餐の他にどのような場が想定されているのだろうか?

 

あとミニピザがおいしかった。